債務整理の手続きガイド

個人再生をした後の住宅ローンの審査

個人再生をした後の住宅ローンの審査

個人再生をした後にはその情報が信用情報に掲載されることとなります。
信用情報は金融機関が融資の判断をする際には絶対に確認されるところになっていますから、
もしここに個人再生の情報が記録されているとなると、融資を受けたいと言ってもなかなか融資してもらうことは出来ないでしょう。
さて、では過去に個人再生を行ったことがある人が住宅ローンの審査を受けるという場合、注意するべきポイントはどこにあるのでしょうか。
まず最初に注意したいポイントとなるのが、個人再生の事実が信用情報に記録される期限についてです。
この情報は永遠に記録されるというわけではなく、事前に記録期間が設定されています。
そのためどれだけの金額の債務整理をしたとしても、
記録期間を終了すればまた融資を受けられるようになるのですが、
この個人再生という情報の場合は一般的に5年として設定がされています。

 

しかし金融機関、特に銀行が加盟している全国銀行個人信用情報センターの場合は記録期間が10年として設定されているため、
個人再生を行った後は10年間、住宅ローンの審査は通過できないとして考えておいた方が良いでしょう。
また、もし10年が経過して信用情報がクリアになっていたとしても、そこで住宅ローンを借りられることが確定するわけではありません。
信用情報に問題が無いとされればその後は通常の融資審査が行われることとなりますから、そこで収入が不安定、勤務年数が短いというような形になってしまうと、審査を落とされる恐れはあります。
加えて過去の個人再生の対象として銀行を選んでいたのであれば、その銀行から融資を受けることは今後、不可能になる恐れがかなり高くなります。
銀行は信用情報以外にも顧客データベースを有していて、一度債務整理をしたのであればその顧客データベースに記録が残るからです。
この顧客データベースの記録がどれだけ残るかということについてはそれぞれの銀行によりますが、データが消去されることは早々ありませんから、まず諦めた方が良いでしょう。
個人再生を行った後の住宅ローンについては、こういったことに注意をしておく必要があるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ