債務整理の手続きガイド

個人再生の流れについて

個人再生の流れについて

個人再生は、裁判所を通じて債務を減額してもらう手続きで、大幅に減額された債務を、原則として3年で支払っていくことになります。支払いが終われば、住宅ローン以外の債務は全て免除されます。自己破産とは違って、住宅や車などの財産を維持したまま行える手続きで、資格制限もありません。ただし、信用情報機関に登録されますので、5〜10年程度は新たな借り入れはできません。また、住宅を維持できるのは、住宅ローン以外の抵当権が設定されていないことが条件です。
個人再生が利用できるのは、住宅ローン以外の借金総額が5000万円以下で、継続した収入の見込みがある人です。
個人再生の手続きは、通常、弁護士等の専門家に依頼する場合がほとんどです。依頼した場合の、手続きの流れについてご紹介しましょう。
まず、事務所に相談に行って、個人再生の詳細や、費用・スケジュールなどについての説明を受けます。疑問や不安などあれば質問し、納得できれば手続きの依頼をします。弁護士から、債権者に対して受任通知が発送され、以降の取り立て・返済がストップされます。指定された必要書類を収集して事務所に持参し、個人再生の申立書類を作成します。裁判所に申立書類を提出すると、受付の1〜2週間後に再生委員面接が行われます。約1ヶ月後、裁判所から再生手続開始決定が出され、各債権者から債権の届け出があります。今後の支払い方法を再生計画案としてまとめて裁判所に提出し、書面決議が行われます。決議が通れば、裁判所から再生計画認可決定が出され、1ヶ月後に確定となります。再生計画確定の翌月から、計画に沿って支払いを開始します。
再生計画が認可された場合、減額される金額は、借金総額100万円未満なら全額、100万円以上500万円未満なら100万円、500万円以上1500万円未満なら借金額の1/5など、借金総額により異なります。
弁護士等に相談する場合には、債権者ごとに借金の額や返済した額を出来る範囲でまとめ、借入時の契約書などもあれば持参するとスムーズに進みます。


ホーム RSS購読 サイトマップ