債務整理の手続きガイド

債務整理の手続きガイド(自己破産、個人再生)

自己破産の手続きを弁護士に依頼する際の弁護士費用

借金の返済が滞りどうにもできなくなってしまった時は、
弁護士事務所に相談してはいかがでしょうか?
支払不能の状態に陥った場合は裁判所に認めてもらった上で
自己破産をすることができるのです。
自己破産が認められれば、以後法律上の借金返済義務から免れます。
そこからは自分が働いて得た収入を自分の生活費として
使うことができるようになります。

 

自己破産することによって得られるメリットは色々ありますが、
やはり借金の取り立てに追われなくなることが精神的には大きなメリットになるでしょう。
自宅はもちろん職場まで電話がかかってくることもあり、
職場にいづらい状態になる場合もあります。
仕事に集中できないばかりか、常に借金返済のことが頭にあり心も体も参ってしまいます。
もし自己破産が認められればこのような辛い思いをすることもなくなり、
将来のことを考えられるようになるでしょう。

 

ただ、法律上の手続きになるため全くの素人には難しい面があります
そこで依頼するのが弁護士です。弁護士は法律のプロですから、
手順に沿って手続きを進めていきます。
初めに借入している貸金業者に対して受任通知を行いますが、
それ以降は借金の取り立てがストップします。

 

法律上取り立てが禁止されているので安心です。
依頼人は弁護士からアドバイスを貰いながら申し立てに
必要な書類を一つずつ揃えていきます。
破産手続開始決定の後に裁判官と面接を行い、免責許可が確定します。
自己破産の手続き方法には種類がありますが、
弁護士と相談しながら決めることができます。

 

手続きを弁護士に依頼する場合は、どの位の費用が掛かるのか気になりますね。
弁護士費用の相場は40万円から60万円前後となっています。

 

着手金と呼ばれる費用は初めに支払う必要があります。
着手金は安くても20万円程度は掛かります。

 

裁判所で免責が認められた場合は、
報酬としてさらに20万円から40万円のお金を支払うことになります。
弁護士事務所を探す時は、自己破産手続きの実績が豊富な事務所を選びましょう。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ